イベント


2014年6月5日(木)16:20~17:50 第4回大阪大学経済学研究会(待兼山セミナー)

論題:"Capital Heterogeneity as a Source of Comparative Advantage: Putty-Clay Technology in a Ricardian Model"

講師: 石瀬 寛和 氏 (大阪大学)

日時:平成26年6月5日(木) 16:20-17:50
場所:豊中キャンパス 法・経大学院総合研究棟 7階大会議室
共催:IPP研究会
お問い合わせ:大阪大学経済学研究会事務局(合同研究室)→詳細はこちら

(5/30更新)


ページの先頭へ