ニュース


シリーズ「グローバリズムと公共政策の責任」 第1巻 『平和の共有と公共政策』 を発行しました。

国際的な見地から政治学・法学・経済学を横断し,公共政策にかか る研究教育実績を積む大阪大学大学院国際公共政策研究科の創立20 周年を記念したシリーズ第1弾です. 本シリーズでは,グルーバル化が進む中での主要課題を平和・富・ 自由という公共価値の共有の問題と捉え直し,公正でオプティマル な公共価値の共有が可能な公共政策のあり方を考えると同時に,公 共政策の関係主体の責任にもスポットをあてています. 第I巻では平和を論じています.
51I4kXDE0-L__SX348_BO1204203200_-210x300.jpg


 発行日 2016年3月30日
 編 者 星野俊也・大槻恒裕・村上正直
 発行所 大阪大学出版会
  大阪大学出版会HPより>> グローバリズムと公共政策の責任」 第1巻
(2016/04/07)


ページの先頭へ