教員紹介

教員プロフィール

田中 寛侑 (たなか ひろゆき)
TANAKA Hiroyuki

助教

Assistant Professor

研究テーマ

マクロ経済(景気循環、技術進歩)、ミクロ計量(消費、労働)

研究紹介とメッセージ

·マクロ経済(景気循環、技術進歩)

  博士論文では、第1次石油危機後のエネルギー依存度の低下がエネルギー節約的な技術進歩によってどの程度説明できるのか、あるいは近年先進国で観察されているGreat Moderation(マクロ変数のvolatilityの低下)の原因についての分析等を行ないました。今後も、石油価格の上昇によって、どの程度エネルギー節約的な技術進歩が誘発されるのか、人口構成が景気循環に与える影響等の分析を行なっていく予定です。

·ミクロ計量(消費、労働)

  内閣府経済社会総合研究所に在籍中は、家計調査やアンケート調査などのマイクロデータを用いた実証分析に従事しました。家計調査は詳細な消費支出に加えて金融資産についてもデータが蓄積されていますが、実物資産(宅地・住宅)に関しては調査されておりません。公示地価や建築統計年報などの他のデータと家計調査世帯をマッチングさせ、実物資産価値の推計を行なうことにより、より精緻な恒常所得仮説の検証や格差の計測等が可能となります。また、公的統計では必ずしもカバーされていない相続に関するアンケート調査を用いて、多額の相続を受け取った子供が、労働供給をどのように変化させるのか等を明らかにしていくつもりです。

なるべく主観を入れずに、科学的証拠に基づく客観的な分析ができるように、皆さんと切磋琢磨していければと思います。

田中寛侑のWebサイト Personal Website

Hiroyuki Tanaka's Website

研究業績
Researcher Database

ページの先頭へ